高齢社会と老人ホーム
いろいろある高齢者福祉施設
周知のとおり、現在の日本はまさしく本格的な高齢社会に突入しています。現在世界の先進国ではどこも普遍的に少子高齢化の悩みを抱えていますが、日本のそれは特にスピードが速く、一部の欧州先進国では100年かかった高齢化と同レベルのそれが、わずか30年程度の速さで進んでいるとも言われています。日本はまさに人類の歴史上において人類が直面したことの無いほどのスピードで進んでいると言えます。
老人福祉施設の種類
高齢社会には当然ながら増え続ける高齢者人口がその背景にあり、高齢者の一人ひとりに対して健康で幸福な生活を約束する必要があります。そうした大きな課題、任務を現場の第一線で担っているのが老人福祉施設と呼ばれる施設だと言えるでしょう。一口に老人福祉施設と言っても実にたくさんの種類の施設があります。
  • 老人デイサービスセンター
  • 老人短期入所施設
  • 養護老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 老人福祉センタ
老人ホームを始めとする数多くの老人福祉施設がその特色を出し合いながら互いに補い合い、異なる高齢者の様々な需要を満たし、高齢者、時にはその家族に必要なサービスを提供しています。これらの施設、サービス等の存在があって、日本の高齢社会が根本から支えられているわけです。
老人福祉施設に関する法律
老人福祉施設の種類や、それぞれの特色について具体的に紹介していく前に、まずはこうした老人福祉施設に関連する法律を見ていくことにしましょう。老人福祉施設に関しては老人福祉法という法律によって細かく規定がなされています。

Favorite

プリザーブドフラワー 通販

浦和 まつげエクステ

ドライフラワー

オリジナルよさこい衣装

最終更新日:2017/7/18


Copyright (C) 2008 高齢者施設の基礎知識. All Rights Reserved.